日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 日通、医療機器における品質マネジメントシステム「ISO13485」の認証を取得

日通、医療機器における品質マネジメントシステム「ISO13485」の認証を取得

2009年10月29日

 当社は9月17日、成田空港物流センターで医療機器における品質マネジメントシステム「ISO13485」の認証を取得致しました。

  「ISO13485」はヨーロッパ・カナダ・オーストラリアおよび台湾など、各国の医療機器の法規制における要求事項として広く採用されており、日本でも「医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令」(通称QMS省令)に反映されている、医療機器分野の世界標準規格です。
 当社は、2007年6月に医療機器製造業許可(包装・表示・保管)を取得しており、今般、国際標準規格である「ISO13485」を取得したことで、医療機器の品質や安全性確保に配慮した品質管理体制が一層強化されました。

  当社は、今後も高い品質管理体制を維持し、より高品質のサービスをお客様に提供してまいります。

以上

【認証取得の詳細】    
適用規格 ISO13485:2003
審査登録機関 SGS ジャパン
認証取得日 2009年9月17日
登録番号 JP09/040223
登録範囲 医療機器の包装・ラベリング及び保管

SGS認証マーク UKAS認定マーク

SGS認証マーク UKAS認定マーク

写真:成田空港物流センター

成田空港物流センター