日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 日通、欧州におけるAEO資格取得を推進、計9カ国で取得となる-ドイツを含む欧州6カ国でAEO資格を同時取得-

日通、欧州におけるAEO資格取得を推進、計9カ国で取得となる

2009年11月9日

-ドイツを含む欧州6カ国でAEO資格を同時取得-

 当社の現地法人であるドイツ日本通運有限会社(社長:石井 吉明)は10月26日、ドイツ税関よりドイツ、オーストリア、ハンガリー、チェコ、ポーランド、フィンランドにおけるEUの認可事業者(AEO:Authorized Economic Operators)資格を同時に取得しました。

 欧州日通グループとしては、オランダ日本通運が2008年4月に欧州内における日系フォワーダーとして初めてAEO資格を取得してから、以降アイルランド日本通運、イタリア日本通運が同資格を取得し、今般ドイツ日通が4社目の認可事業者となります。今回のAEO取得に際しては、ドイツ日通傘下の支店が所在する中欧や北欧の当社各拠点についてもAEO資格を受け、欧州の日通グループにおけるAEO取得事業所のネットワークを9カ国へと一気に拡大しました。

 AEO資格を取得するためには、適切な通関検査ができる商業上・運輸上の管理システムの整備やコンプライアンス、財務の健全性、安全基準の維持等について各種の審査条件を満たすことが必要です。このほど取得した資格は、「税関手続きの簡素化及びセキュリティ・安全性管理の優遇措置」を受けられる資格(AEOF:Authorized Economic Operators,Full)であり、ドイツ日通が6カ国においてこれらの厳しい審査条件を満たしたことは、日通グループの通関やセキュリティの品質が、より広く公式に認められた証でもあります。

 今回、中東欧へのゲートウェイの一翼を担うドイツと、中欧・北欧の各事業所で揃ってAEO資格を取得したことで、高品質なネットワークで欧州を網羅し、高度化するお客様の欧州域内外のサプライチェーンを一層強力にサポートいたします。

 欧州に広がる日通グループ各社では、今後も通関手続きの優遇措置を与えられるAEO資格取得を積極的に目指し、更なる高品質なロジスティクスサービスの提供に努めてまいります。

以上