日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 日通、好評の上海飛龍特快を週2便体制へ

日通、好評の上海飛龍特快を週2便体制へ

2009年11月19日

 当社は、日本発高速混載サービス「上海飛龍特快」と上海発高速混載サービス「上海飛龍特快 47」を年末商戦に向けて週2便体制とします。

 「上海飛龍特快」では既存の土曜日博多発、翌月曜日上海CFS到着サービスに加えて、水曜日博多発、木曜日上海CFS到着サービスを、また上海CFSカットから博多CFSリリースまで47時間というスピードを実現した「上海飛龍特快 47」では、既存の月曜日上海発、水曜日博多CFS到着サービスに加えて、金曜日上海発、土曜日博多CFS到着サービスを11月第3週より開始いたします。

 「上海飛龍特快」「上海飛龍特快47」は、中国華東地区における当社現地法人の上海通運国際物流有限公司(総経理:小麥俊也 以下、上海通運)と共同で、当社子会社である上海スーパーエクスプレス株式会社(社長:寺内昌弘)が運航する高速RORO船:上海スーパーエクスプレス(以下、SSE)を使用した高速海上混載サービスです。SSEの着岸する上海バース内施設をCFSとして活用し、フルウイングタイプのトレーラーに貨物を混載することで、発着両端のCFSにおける作業の短縮化を実現いたしました。さらに、土曜日博多発本船は上海港接岸を月曜日早朝とし、揚荷役を月曜日朝7時から開始、午前中にリリース可能となりました。

 中国側では上海通運の提供する中国国内輸送、倉庫、保管、通関等のサービス、日本側においては鉄道、内航海運、トラック等の当社国内輸送ネットワークと組み合わせることが可能となり、ドアツードアの一貫輸送にも対応し、特に鉄道、内航海運においてはCO2の排出量が少なく環境に優しい輸送サービスを提供いたします。

 この「上海飛龍特快」、「上海飛龍特快 47」を併せた、高速混載サービスの週2便体制により、お客様の年末商戦に向けた小口貨物の緊急輸送をサポートしてまいります。

以上

スケジュール:

「上海飛龍特快」
ループA(既存)     ループB(追加)
東京、 名古屋、         東京、 名古屋、  
大阪 CFS CUT 金曜日 午前中     大阪 CFS CUT 月曜日
博多 CFS CUT 土曜日 午前中     博多 CFS CUT 火曜日
博多 出港 土曜日       博多 出港 水曜日
上海 入港 月曜日       上海 入港 木曜日
上海 CFS 月曜日       上海 CFS 木曜日
                 
「上海飛龍特快 47」
ループA(既存)     ループB(追加)
上海 CFS CUT 月曜日 正午     上海 CFS CUT 木曜日
上海 出港 月曜日       上海 出港 金曜日
博多 入港 水曜日       博多 入港 土曜日
博多 CFS 木曜日       博多 CFS 土曜日