日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 日通、名古屋市でマルシェ・ジャポン・プロジェクト運営者に選定

日通、名古屋市でマルシェ・ジャポン・プロジェクト運営者に選定

2009年12月3日

 当社は農林水産省総合食料局が公募する、仮設型直売システム普及事業「マルシェ・ジャポン・プロジェクト」の「マルシェ運営者」に選定されました。当社は12月12日(土)より名古屋市で開催される「マルシェ・ジャポンなごや」において、マルシェ(食材市場)の運営に取り組んでまいります。

 「マルシェ・ジャポンなごや」は名古屋市内の広場や公園を開催場所とし、12月は12日(土)、13日(日)、23日(水・祝日)、24日(木)の4日間、10時から15時まで、名古屋市西区のノリタケの森で開催されます。会場には産地直送のこだわりの野菜や果物、パン、加工品、調味料まで、とっておきの食材が並びます。

 「マルシェ・ジャポンなごや」では、プロジェクトの基本コンセプトである「生産者の所得向上」「生産者と都市住民を直接つなぐ場づくり」をベースに、「こだわった食から生まれる生活の充実」「こだわった人が考える食のありかた」そして、「食とスポーツが心と体の健康を支える」空間の創出を演出し、進化した次世代のマルシェ(食材市場)を目指しています。

 当社では、「作って語る生産者」と「買って食べる生活者」とをつなぐコミュニティとしてのマルシェ(食材市場)の運営を通じ、モノや人の動きに新たな価値を生み出してまいります。

以上