日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 日通、欧州におけるAEO資格取得をさらに拡大-欧州10カ国目、日系フォワーダーとしてスペインで初の取得-

日通、欧州におけるAEO資格取得をさらに拡大

2009年12月9日

-欧州10カ国目、日系フォワーダーとしてスペインで初の取得-

 当社の現地法人であるスペイン日本通運株式会社 (社長:脇坂正宏)は11月2日、スペインにおける日系フォワーダーとして初めて、EUの認可事業者(AEO:Authorized Economic Operators)資格を取得しました。これによりスペイン日通は、欧州の日通グループで10カ国目のAEO認可事業者となりました。

 AEO資格を取得するためには、適切な通関検査ができる商業上・運輸上の管理システムの整備やコンプライアンス、財務の健全性、安全基準の維持等について各種の審査条件を満たすことが必要です。このほど取得した資格は、「税関手続きの簡素化及びセキュリティ・安全性管理の優遇措置」を受けられる資格(AEOF:Authorized Economic Operators, Full)であり、スペイン日通がこれらの厳しい審査条件をクリアしたことは、日通グループの通関やセキュリティの品質が、スペインにおいても認められた証でもあります。

 スペイン日通はマドリッド、バルセロナ、ビルバオ、マラガの4都市に拠点を持ち、1988年の設立以来、同国内のネットワークを駆使して、陸海空の総合物流サービスを提供してきました。今般のAEO資格取得により、欧州や環地中海エリアと北アフリカ地域を結ぶゲートとして注目されているスペインにおいても、高度化するお客様のニーズに対し、より迅速かつ円滑に対応することが可能となります。

 欧州の日通グループでは他にも、英国、ベルギー、フランスの現地法人各社においてAEO資格取得に向けて積極的に取り組んでおり、欧州全域での認可取得を目指します。

 今後も日通グループ各社ではお客様に満足いただける高品質ロジスティクスサービスの提供に努めてまいります。

以上