日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 新興国での調達物流を強力にサポート-日通、インドでルノー日産からミルクラン業務を受注-

新興国での調達物流を強力にサポート

2009年12月22日

-日通、インドでルノー日産からミルクラン業務を受注-

 当社の現地法人インド日本通運株式会社(社長:クリシュナ・ムルティ、以下インド日通)は、この度、ルノー・日産 オートモティブ インディア社(以下ルノー日産インディア)より、同社が現在チェンナイ市近郊オラガダムに建設中の工場で2010年5月から生産開始予定の「グローバルコンパクトカー」の部材調達に絡むミルクラン業務を受注しました。

 当該業務は、インド南部地域(チェンナイ、ポンディチェリー及びバンガロール)に点在する各パーツサプライヤー約50社から、日々定時に部材を集荷し、同社工場まで、ジャストインタイムの配送を行うものです。
 日通は、すでに中国において自動車や電気製品の調達に関わるミルクラン業務を行っております。インドにおける同業務の開始にあたり、インド人スタッフを中国の当社拠点に派遣し、業務に精通した中国人スタッフから指導を受けさせるなど、豊富なノウハウを着実に伝承することで、海外でのミルクラン業務の水平展開を推進しています。

 さらに今回インドでは、安定した輸送業務を支えるため、自社トラックを20台増車し、加えて、インド国内輸送の状況を自社にて一元的にシステムで管理することで同地のインフラ環境を補完するなど、ルノー日産インディアの効率的な生産活動を万全な体制でサポートいたします。
 また、ミルクラン業務に加え、ルノー日産インディア工場近郊に新たな倉庫スペースを確保、内外のパーツサプライヤーからの保管・配送などのニーズにこたえるべく3PL体制も併せて構築しております。

 当社は今後も、生産拠点や消費市場として成長を続けるインドなど新興国において、お客様の様々なニーズに対応した高品質なロジスティクスサービスを一層充実させてまいります。

以上

ミルクラン業務の集荷地域図

ミルクラン業務の集荷地域図


インド日通のトラック

インド日通のトラック