日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年)  > 日通、海上混載輸送アロー・インターナショナルでアジア向け新サービス

日通、海上混載輸送アロー・インターナショナルでアジア向け新サービス

2010年1月8日

-Doorデリバリーサービス「どあコン 香港」「どあコン シンガポール」-

 当社は、当社の定期海上混載輸送アロー・インターナショナルの新商品、香港・シンガポール向けのDoorデリバリーサービス「どあコン 香港」「どあコン シンガポール」を1月13日(水)より開始いたします。

 本サービスは、東京CFSで通関済み貨物として荷受け以降、輸入国の最終配達先までの輸送を、当社ネットワークにより一貫でお引き受けするもので、着地側費用を含んだ円建てのわかりやすいパッケージ料金として設定いたしました。これにより、お客様にとってトータル物流コストの把握、航空輸送とのコストの比較が容易になります。また、自社ネットワークによるオペレーションであるため、通関、配達完了状況を迅速にお客様へ案内することができます。
 今後は、本サービスの発地を日本各港に展開し、仕向地もアジアを中心に拡大を予定しています。

 当社はこれからも、さらなる高品質なサービスの実現を目指し、お客様の多様な物流ニーズに対応してまいります。

以上

 
商品名 :  「どあコン 香港」「どあコン シンガポール」
配達エリア 香港  香港島・九龍・新界地区(ランタオ島・離島を除く)
    シンガポール  シンガポール島内(ジュロン島・離島を除く)
運賃体系 1 Revenue Ton (1立方米または1,000kgのいずれか大きい方)あたりの円建てフラットレート
フラットレートは、発地CFSチャージ、海上運賃、着地CFSチャージ、着地通関料、着地配達料を全て含んで0.5M3または500kg(いずれか大きい方)ごとに円建てで設定したレートです。

※下図の通り、通常の混載サービスですと着地CFS以降の費用は都度現地見積りでしたが、Doorデリバリーサービスの場合、当該運賃体系に基づいて一貫したコスト算出が可能となります。