日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年)  > 日通とデジタルガレージ、合弁会社【株式会社NEXDG】を設立

日通とデジタルガレージ、合弁会社【株式会社NEXDG】を設立

2010年5月28日

 当社と株式会社デジタルガレージ(代表取締役/グループCEO:林 郁)は、合弁で、Eコマースを利用する通販事業者のフルフィルメント業務を支援する新会社、株式会社NEXDGを2010年6月1日に設立します。

 従来、Eコマース事業者が導入期を過ぎ、成長期に入って受注量が急増する際や、キャンペーン、予約販売等で短期間に大量の商品を出荷する場合、作業等の調整が思うようにできない、内部で出荷作業を行うためコストが嵩み、価格競争力が上がらない、といった課題がありました。また、販路拡大のために複数のインターネットモールへ出店することで、在庫情報と販売可能数の管理が一元化できないなどの問題も生じています。

 新会社では、そうした成長期にある事業者、ビジネスの効率化によるコスト削減を考えている事業者に対して、EコマースのWebショップ構築から集客支援、決済、在庫管理、配送手配といった一連のフルフィルメント業務を一元管理できるシステムを、ASPサービス(※)でご提供いたします。
 これにより、インターネットの新しいメディア(Twitter等)を活用した集客の仕組みの提供や、ニーズに応じた販促施策の提案と実行支援のサービスも展開し、低コストで効率的な情報発信が可能となります。

 新会社名のNEXDGは、日本通運の英文表記:NIPPON EXPRESSの略称NEXと、デジタルガレージの略称で、本サービスの特徴となるEC、決済、倉庫、配送といったフルフィルメントの各機能をつなぎ合わせるインターネットの導線(DIGITAL GATEWAY)の頭文字でもあるDGを融合させた名称です。
 NEXDGは、当社の持つグローバルな物流ネットワークと、デジタルガレージが持つインターネットビジネスの立ち上げや運用のノウハウを融合させ、 Eコマース事業の拡大を支援し、次のステージへのレベルアップを目指すお客様のビジネスを、強力にサポートしてまいります。

以上

(※)Application Service Provider Serviceの略称。インターネットを通じて顧客にビジネス用アプリケーションを提供するサービス。


【社名ロゴ】
社名ロゴ

【合弁会社のコンセプト】
ロジスティクスに強みのある日本通運とIT・マーケティングに強みのあるデジタルガレージが通販市場に新たな価値をご提供します。サイバーとリアルを融合し、新たなサービスを提供する会社、それがNEXDGです。


【合弁会社の概要】

  (1)商号 株式会社NEXDG(ネックスディージー)
  (2)本社所在地 東京都渋谷区恵比寿1丁目3番地1号 朝日生命恵比寿ビル
  (3)代表者 代表取締役 青 浩司(あおこうじ)
  (4)事業内容 Eコマースサイトの立ち上げから運用に必要なフルフィルメントサービスの提供及び集客・販促支援の総合サービス
  (5)資本金 1億円(資本準備金1億円)
  (6)設立 平成22年6月1日
  (7)株主 日本通運株式会社(出資比率66%)
株式会社デジタルガレージ(出資比率34%)

【サービスの特徴】
決済・物流と連携したECショップの運用から販促支援まで、インターネットを利用したフルフィルメントサービス

  (1)   ECサイトの立ち上げ~販売管理~決済・物流管理までを一元管理できるシステムをASPサービスとして提供
  (2)   DG及び日通キャピタル(株)が提供する決済サービスとの接続を標準装備
  (3)   物流量に応じた倉庫の利用規模のコントロールが容易
  (4)   外部モールからの注文データの取り込みや宅配便各社の送り状発行システムに連動したデータ出力が可能
  (5)   日時指定配送、予約販売、定期購入、頒布会等の販売バリエーションを装備
  (6)   分納やキャンセル等のイレギュラー処理が決済と連携した形で管理可能
  (7)   倉庫管理システムとASPが連携し、より精度の高い在庫管理サービスを提供
  (8)   Twitterやアフィリエイト広告を利用した集客のための仕組みを標準装備
  (9)   個別の販促施策の提案・実施、販促資材提供、海外物流といった付加サービスも充実