日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年)  > 日通、海上混載輸送アロー・インターナショナルで「どあコン」シリーズをタイ向けに拡充-Doorデリバリーサービス「どあコン・タイ」「どあコン・タイ プラス」-

日通、海上混載輸送アロー・インターナショナルで「どあコン」シリーズをタイ向けに拡充

2010年6月10日

-Doorデリバリーサービス「どあコン・タイ」「どあコン・タイ プラス」-

 当社はこの度、定期海上混載輸送アロー・インターナショナルの新商品、タイ向けDoorデリバリーサービス「どあコン・タイ」、「どあコン・タイ プラス」を6月14日(月)より開始いたします。当社の「どあコン」シリーズでは、シンガポール、香港、大連及び中国東北地区の主要都市向けに続く新サービスとなります。

 本商品は、日本側各地CFS(東京,横浜,名古屋,大阪,神戸,門司,博多)からタイのラカバンCFSまで海上混載を使用し、タイ国内の最終配達先までの輸送を、当社ネットワークが一貫してお引き受けするもので、高品質でシームレスな一貫輸送を提供いたします。
 輸入通関手続きを含まない「どあコン・タイ」と、輸入通関手続きを含む「どあコン・タイ プラス」の2種類のラインナップで、お客様の貿易条件にあわせた柔軟な対応が可能となります。
 また、着地側費用を含んだ円建てのわかりやすいパッケージ料金(着地での関税、付加価値税及び税関検査等の特殊費用は除く。)として設定しており、お客様にとってトータルコストの把握、航空輸送とのコスト比較が容易になります。

 配達エリアは、日系企業が数多く進出するタイ国内の主要工業団地及びバンコク市内で、これまで仕向け港到着後の輸送を別途手配していたお客様の負担を軽減し、トータル輸送コストの可視化を実現することで、高度化・多様化するタイへの輸送ニーズに応えてまいります。

 今後も、当社は「どあコン」サービスを拡充し、お客様の利便性向上と高品質な一貫輸送サービスの提供に取り組んでまいります。

以上


商品名 「どあコン・タイ」「どあコン・タイ プラス」
配達エリア バンコク市内、タイ国内の主要工業団地
運賃体系 1Revenue Ton (1立方米または333kgのいずれか大きい方)あたりの円建てフラットレート
日通、海上混載輸送アロー・インターナショナルで「どあコン」シリーズをタイ向けに拡充