日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年)  > 日通、「微量PCB混入廃油」の収集・運搬業務を開始

日通、「微量PCB混入廃油」の収集・運搬業務を開始

2010年6月23日

 当社は、6月23日より「微量ポリ塩化ビフェニル(微量PCB)混入廃油」の無害化処理認定施設への収集・運搬業務を開始いたします。

 当社は、これまで、廃棄物処理法で定められている特別管理産業廃棄物である、廃PCB等およびPCB汚染物の収集・運搬許可を、国内に109ある自治体のすべてで取得し、同業務を行ってきました。
 今回、鉄道及び海上輸送にも使用できる、容量16キロリットルの微量PCB混入廃油の収集・運搬専用タンクコンテナを独自に開発し、愛媛県における国内初の微量PCB無害化処理認定施設の稼動に合わせて、同施設への微量PCB混入廃油の収集・運搬業務を開始いたします。
 当面は西日本を中心に業務を展開し、トランス・コンデンサ等の機器以外の微量PCB混入廃油のみを対象としますが、今後は、処理施設および処理対象物の増加に伴うPCB廃棄物の輸送においても、対象品目およびエリアを順次拡大してまいります。

 PCBはその強い有害性により、1972年に製造・使用が禁止となり、PCB混入廃油やこれを含む電気機器については厳重に保管することが義務付けられてきました。その後 2001年に制定された「PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」により2016年までに国内にあるすべてのPCBを廃棄処分することとなり、現在、全国で処理作業が順次開始されています。

 当社は安全で確実な作業を実施していくことで、これからもPCB廃棄物の適正処理に取り組んでまいります。

以上


日通、「微量PCB混入廃油」の収集・運搬業務を開始