日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年)  > 「日通札幌ビル(仮称)」建設に着工

「日通札幌ビル(仮称)」建設に着工

2010年6月30日

 当社は、6月30日、札幌市中央区にて、「日通札幌ビル(仮称)」の建設工事に着手いたしました。竣工は2011年9月を予定しております。

 同地では、当社のテナントビル(旧札幌ライラックビル)が長年営業をしてきましたが、建物の老朽化が著しいことから昨年解体し、新たに地上11階、地下2階建の商業・オフィスビルを建設することとなりました。

 「日通札幌ビル(仮称)」は、地下2階部分で札幌市営地下鉄「さっぽろ駅」と直結しており、また、JR「札幌駅」からも、地下道を通って徒歩4分でアクセスできるなど、利便性の高い好立地となっています。さらに「札幌駅前通地下歩行空間」(2011年春完成予定)によって、札幌市営地下鉄「大通駅」までのアクセスも可能となります。
 同ビルのオフィススペースは、1フロア629m2(190坪)、天井高2.8mの広々とした空間に、グリッド天井システムや非接触型ICカードキーシステムなどの最新設備を備え、快適でセキュリティレベルの高いビジネス空間となります。また、延床面積約3,000坪、ハイルーフ車を含め44台まで収容可能な、立体駐車場を併設する予定です。
 環境面にも配慮し、氷蓄熱空調パッケージの導入、LED照明の採用、人感センサーや昼光センサーによる照明のコントロールシステム、開閉可能な窓など、地球温暖化防止につながる様々な設備を取り入れております。
 本計画の実施にあたっては、三菱地所株式会社にプロジェクトマネジメント支援業務を委託しており、建設計画の全般的な支援を受けるとともに、三菱地所グループの豊富な経験とノウハウを活かしたテナント誘致活動を行っていきます。
 当社は今後も社有不動産を有効活用し、不動産事業の強化を図ってまいります。

以上

【施設概要】

所在地 北海道札幌市中央区北3条西2丁目2番1号
敷地面積 1,161.91m2
建築面積 909.57m2
延床面積 10,261.35m2
建物高さ 44.31m
構造 地上部鉄骨造
地下部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
規模 地上11階、地下2階
用途 1階店舗、2階~11階事務所
写真:日通札幌ビル(仮称)完成予想図

日通札幌ビル(仮称)完成予想図