日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年) > 世界遺産の島から環境にやさしい輸送を 日通、JR貨物と共同で屋久島電工の3PL&モーダルシフト鉄道輸送を実施

世界遺産の島から環境にやさしい輸送を 日通、JR貨物と共同で屋久島電工の3PL&モーダルシフト鉄道輸送を実施

2010年7月5日

 当社は、日本貨物鉄道株式会社(社長:小林正明)と共同で、屋久島電工株式会社(社長:小松俊男)が唯一、国内で製造・販売を行っている「炭化ケイ素」の3PL及びモーダルシフト鉄道輸送業務を7月から実施いたします。

 今回の業務は、屋久島電工の屋久島工場で生産された「炭化ケイ素」を鹿児島港まで海上輸送し、当社鹿児島支店倉庫へ搬入して一旦保管後、JRコンテナを利用し、全国に輸送するもので、年間の取扱数量は約24,000トンを予定しております。

 これまで、屋久島からの輸送は福岡・愛知・千葉へ分散してそれぞれ海上輸送され、その後トラックで最終目的地まで、二次配送されていました。
 この度、鹿児島での一箇所集約及び鉄道輸送を中心とした全国配送へシフトすることにより、CO2排出量が現行比約36%削減され、拠点集約による在庫管理の効率化、窓口ワンストップ化による事務の簡素化、総物流コストの圧縮が可能となります。

 世界遺産に指定されている屋久島の、豊富な水力資源(クリーンエネルギー)を利用して作る「炭化ケイ素」は、ファインセラミックス原料の一種で、主に研磨剤や構造部材、最近では発光ダイオードの原料として使用されています。

 当社は今後もお客様の高度化・多様化するニーズにお応えしながら、環境ロジスティクスの提供に取り組んでまいります。

以上


写真:物流環境特別賞受賞者(左から2番目が伊藤副社長)