日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年) > 日通、31フィート鉄道コンテナ「エコライナー」利用の国際輸送商品を開発

日通、31フィート鉄道コンテナ「エコライナー」利用の国際輸送商品を開発

2010年7月8日

 当社は、31フィート鉄道コンテナ「エコライナー」を、 博多-上海間の高速RORO船「上海スーパーエクスプレス」に搭載し、日本国内と中国華東地区間を一貫輸送する商品を開発、トライアル輸送を実施いたしました。本格的なサービス開始は8月以降を予定しております。

 「エコライナー」はコンテナ内法、ウイング状の開閉扉が、国内輸送で主流となっている10トンウイングトラックとほぼ同じで、お客様にとっては出荷する貨物の規模感が変わらないというメリットがあります。また、CO2の削減等、鉄道による環境優位性を持った輸送手段として、国内ではすでに、多くのお客様にご利用いただいております。

 このたびの日中間のトライアル輸送では、「エコライナー」を当社子会社の上海スーパーエクスプレス株式会社(社長:寺内昌弘)が運行する高速RORO船「上海スーパーエクスプレス」に搭載し、日中間双方向の輸送を実施、当社現地法人の上海通運国際物流有限公司(社長:小麥俊也)との連携により、良好な結果を得ています。今後は、8月以降の本格的な商品化に向けての準備を進めてまいります。

 31フィートコンテナを国際間で運用するのは、初の試みであり、さらにシームレスな日中間物流が実現します。いわば、日中間で貨物を搭載した10トン車の荷台が鉄道、船に積まれて一貫輸送されるイメージです。
 当社では、これからもお客様の高度化・多様化するニーズに対応し、利便性向上や物流最適化に向けたサービスに努めるとともに、環境配慮型商品の提供に努めてまいります。

以上


写真:「エコライナー」U47A型 写真:「エコライナー」U47A型
「エコライナー」U47A型スペック 内法 9245mmx2310mmx2210mm(H)
最大荷重13,200kg