日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年) > 中国内需の拡大に呼応した長江輸送網を強化~日通、中国長江最大の民間内航船会社と戦略的提携契約意向書を締結~

中国内需の拡大に呼応した長江輸送網を強化

2010年7月12日

~日通、中国長江最大の民間内航船会社と戦略的提携契約意向書を締結~

 当社の現地法人日通国際物流(中国)有限公司(社長:森哲夫)は、重慶に本社を置く、民生輪船有限公司のグループ会社である民生物流有限公司と6月17日に戦略的提携契約意向書を締結いたしました。

 近年、重慶を中心とした中国の内陸部は、従来の自動車関連品の生産に加え、IT関連品の生産地としても脚光を浴びており、大手パソコンメーカーなどの生産工場なども稼動しています。これに伴い、国内外からの生産部材の安定した調達輸送、VMI倉庫の運営が求められるなど、物流に対するお客様のニーズが高度化してきています。

 民生輪船グループは240隻以上の貨物船を擁し、そのうち、上海~重慶、成都を結ぶコンテナ船を60隻、自動車専用船11隻を運営するなど、武漢以西の長江水運においては中国国内最大級の民間輸送会社です。また、重慶を起点として中国内陸部300都市に向けた輸送ネットワークを構築しております。

 今般の戦略的提携で、当社の持つVMI倉庫運営等のノウハウと、民生輪船グループの中国内陸部でのネットワークを組み合わせることにより、長江水上輸送商品や、VMI/JITなどのロジスティクスサービスの提供が可能となりました。

 当社は今後も、中国内陸部へ進出するお客様の多様化するニーズをとらえ、中国国内物流サービスのさらなる拡充に積極的に取り組んでまいります。


以上