日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年) > 日通、博多/門司港発シンガポール向け海上混載サービスを開始

日通、博多/門司港発シンガポール向け海上混載サービスを開始

2010年9月8日

 当社は、2010年9月2日より、博多/門司港発シンガポール向け定期海上混載サービスの販売を開始いたしました。

 当社はこれまで、博多/門司港発の海上混載サービスとしては、香港、台湾、北米、欧州向け及び、高速船利用による上海向けサービスを提供してまいりました。
 シンガポール向けの貨物については、まず香港向けサービスに積んだ後、香港からシンガポール向けに再混載を仕立てるか、神戸へ転送した後、神戸港発シンガポール向け混載サービスを利用して輸送しておりましたが、今般、積み替えを必要とせず、直接シンガポールへ向かう本船を利用したダイレクト混載サービスを開始いたしました。これにより安定したスケジュールで、積み替えによるダメージの恐れが無い、高品質なサービスの提供が可能となります。
 また、本サービスの開始により、シンガポールをハブ港として、世界各地へ転送できるマルチカントリーコンソリデーション(MCC)サービスを利用しやすくなり、九州地区発の貨物にとって利便性が高まるとともに、輸送ルートの選択肢が広がります。
 今後も当社は、お客様の多様化するニーズに対応するため、海上混載サービスラインナップの充実を図ってまいります。

以上

<本船スケジュール>
門司 CFS CUT   木曜日
博多 CFS CUT   木曜日
博多 出港   土曜日
シンガポール 入港   金曜日(翌々週)