日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年) > 日通、上海向け揚子江快運航空定期貨物便のスペースを確保

日通、上海向け揚子江快運航空定期貨物便のスペースを確保

2010年9月15日

 当社は、2010年9月15日から中部空港-上海間に貨物専用機を定期就航させる揚子江快運航空と、同社の日本国内総代理店を通して、全貨物スペースの運用に関する契約を締結いたしました。

 日本発着の国際航空貨物については、中国を始めとするアジア路線を中心に回復基調にある一方、大型貨物専用機の撤退や旅客機の小型化などにより、貨物スペースは減少傾向にあります。中国向け航空貨物については、この5年間で35%も増加しており、貨物スペースの不足が慢性化していました。

 当社は今般の契約締結により、揚子江快運航空が中部空港-上海間で週5便運航するボーイング737型貨物専用機の全スペースを確保、成長著しい上海市場へお客様の貨物をタイムリーにお届けすることが可能となりました。
 また、中部地区の貨物だけでなく、国内主要空港間の陸上輸送網を活用することで、首都圏、関西地区のお客様にも安定した輸送サービスをご利用いただくことができます。

【運航スケジュール】
出発空港 中部国際空港
到着空港 上海浦東空港
出発日 火曜・水曜・木曜・金曜・日曜 (週5便)
発着時刻 発 13:10 - 着 15:15

 当社は今後も、高品質なサービスを拡充し、お客様の多様な物流ニーズにお応えしてまいります。

以上