日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年) > 日通、仙台塩釜港のNVOCC業務を強化

日通、仙台塩釜港のNVOCC業務を強化

2010年9月22日

 当社は、9月1日から、当社グループ会社である塩竈港運送株式会社(社長:岸野康一)と連携し、東北地方のゲートウェイ港である仙台塩釜港のNVOCC業務を強化いたしました。

 仙台塩釜港は、東北地方における輸出入拠点として注目されており、北米・中国・韓国・台湾とをダイレクトに結ぶ国際コンテナ定期航路や、京浜港への内航フィーダー航路が拡充されるなど、今後も取り扱い貨物の増加が予想されています。

 当社は、これまで東北地方において、直接的なNVOCCの販売・オペレーションの拠点を持っておりませんでしたが、今年4月に、仙台塩釜港の港湾事業免許を有するグループ会社、塩竈港運送株式会社と業務委託契約を締結、その後、システム環境の整備やグループ内教育を行ってまいりました。今般、全ての準備が整ったため、本格的な連携業務を開始いたしました。
 これにより、仙台塩釜港発の北米向け定期混載サービスおよびFCL商品の販売開始、当社システムの導入による塩釜港輸入貨物のリードタイム短縮や、塩竈港運送の倉庫を利用した保管・JIT配送など、様々な対応が可能となります。

 当社は、今般のNVOCC業務強化により、東北地方におけるサービスを拡充し、多様化・高度化するお客様のロジスティクスニーズに対応してまいります。

以上