日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年) > 日通、一部休止中の成田空港物流センターを10月1日から全面再開

日通、一部休止中の成田空港物流センターを10月1日から全面再開

2010年9月22日

 当社は、日本を発着する国際航空貨物の取扱数量が大幅に回復したことを受け、2009年2月から運用を休止していた成田空港第二物流センターを10月1日から再開することを決定しました。

 当社は、成田空港の北4kmに位置する野毛平工業団地内に「NARITA Air Cargo City」を設置し、輸出、輸入、生鮮、ロジスティクスの機能別に4つの保税施設を自社で運営してまいりました。しかしながら、2008年9月のリーマンショック以後、世界的な景気減速により輸出入航空貨物が激減したことから、輸入専用の成田空港第二物流センターを閉鎖し、第三物流センターに輸出入の機能を集約していました。

 今般、2009年1月に月間8,700トンまで減少した輸出混載重量が、今期には20,000トン前後となり、また、2009年1月に月間35,000件まで減少した輸入件数も43,000件程度まで回復したことを受け、当社の日本発着国際航空貨物取扱数量は一定の水準まで回復したと判断し、年末の繁忙期を前に成田空港物流センターの全面再開を決定したものです。

 当社は今後も、高品質なサービスを拡充し、お客様の多様な物流ニーズにお応えしてまいります。

以上