日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年) > 日通、バングラデシュにおける複合輸送体制を強化

日通、バングラデシュにおける複合輸送体制を強化

2010年10月1日

 当社はこの度、バングラデシュの国内輸送ならびに海上輸送体制を整備し、バングラデシュ発の複合輸送体制を強化いたしました。

 近年、新たな投資先として脚光を浴びているバングラデシュでは、日系企業の進出や同国から日本への製品輸入が拡大しています。
 急速な経済伸張を見せる同国ですが、進出する企業にとっては脆弱な物流インフラ、独特な法規制対応など、まだまだ多くの課題が存在しています。当社は、こうした課題を少しでも改善すべく、工場集積地から港までの輸送ルートを検証し、タイムコントロールの強化,貨物のトレーシング体制の整備を行いました。これによりコストの低減および輸送の可視化を実現いたします。
 また、現地代理店を通じたバイヤーズコンソリデーション(※)サービスの提供により、日本向けニーズの高い、多品種小量貨物にも対応し、個別に輸送する場合に比べて、リードタイム短縮による効率的な輸送が可能となりました。さらに、海上輸送において、積み替え港におけるモニタリングを強化し、貨物の積み残しなどの防止を図ってまいります。

 当社は、今年8月にバングラデシュに駐在員事務所を開設、お客様の営業活動支援を強化しております。今般の複合輸送体制強化は、本社海運事業部主導のもと、現地代理店を通じて取り組んでいますが、今後も同国内での自社オペレーション化を進め、物流改善を図っていくとともに、お客様の物流をトータルでサポートする体制を構築してまいります。

 ※バイヤーに代わって複数の工場で生産された商品を一括集約し、港から海上コンテナに混載して、目的地へ輸送する物流形態。

以上