日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2010年) > 日通、欧州発日本向け海上混載一貫輸送サービスを拡充

日通、欧州発日本向け海上混載一貫輸送サービスを拡充

2010年10月26日

 当社は、2010年10月より欧州発日本向け定期海上混載サービスの日本側荷渡地CFSを大幅に追加し、海上混載一貫輸送サービスを拡充いたしました。

これまで、当社の欧州発日本向け定期海上混載は、主に東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・博多・門司の国内主要港向けを中心にサービスを提供してきており、北海道・東北・北陸・中四国・九州南部のお客様は、主要港で輸入通関手続を行った後、都度お客様手配で国内転送する必要がありました。また、一般的な欧州発日本向け海上混載は、韓国・釜山港などを経由し、コンテナより貨物を取り出した後に、新たに日本向けに混載を仕立てるケースが多く、スケジュールがわかりづらいという声が高まっていました。

今般、日本側CFSの拡充により、貨物が日本到着後,当社ネットワークを活用し、主要港から各地方CFSまで鉄道、トラックなど各種モードを使い分けて一貫輸送することで、輸送品質の向上とスケジュールの把握が可能です。運賃についても欧州から荷渡地まで一貫レートでお引き受けする、わかりやすい料金設定を実現いたしました。
今後は欧州発だけでなく、中国やアジア各国、北米発の定期海上混載についても、同様のサービスを順次拡大していく予定です。

  当社では、これからも多様化するお客様のニーズに対応し、利便性向上や物流最適化に向けたサービスの向上に努めてまいります。

以上

【追加する荷渡地CFS】
苫小牧、秋田、酒田、新潟、直江津、金沢、清水、広島、水島、徳山、松山、長崎、八代、熊本