日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2011年)  > 日通、アジア向けに冷蔵・冷凍海上LCLサービスを開始

日通、アジア向けに冷蔵・冷凍海上LCLサービスを開始

2011年2月7日

 当社は、2月1日から、東京・神戸CFS発アジア向けの、リーファー(低温輸送専用)コンテナを利用した冷蔵・冷凍LCLサービスを開始いたしました。

 冷蔵・冷凍輸送に関し、当社独自の発着一貫輸送責任体制を整備するとともに、船会社OOCL社のリーファーサービスを利用することで、今般、香港向けに冷蔵・冷凍LCLサービス、シンガポールおよびバンコク向けに冷凍LCLサービスを提供いたします。

 本サービスの開始に伴い、キロトン単位での低温LCL輸送が可能となり、お客様の輸送コスト削減に貢献するとともに、当社独自の作業手順や受託条件により、発地側CFSでの荷受けから着地側CFSでの荷渡しまでの一貫したオペレーション管理体制を構築、高品質な冷蔵・冷凍貨物な輸送を実現いたします。また、日本興亜損害保険株式会社と連携した専用の物保険もオプションで用意、デリケートな冷蔵・冷凍貨物輸送にも万全の体制で臨みます。

 昨今、アジア諸国における消費者の購買力向上とブランド志向の高まりから、日本製食品に対するニーズは急速に高まっています。当社は本サービスの開始により、日本製食品・農産物の輸出促進を積極的にバックアップしてまいります。

 当社は今後も、サービス取扱拠点および受託可能温度の拡充を図っていくことで、お客様にとっての利便性を高め、多様化するニーズにお応えしてまいります。

以上