日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2011年)  > 日通、中国における自動車産業の一大集積地に拠点設立~河南省に「華南日通鄭州分公司」を設立~

日通、中国における自動車産業の一大集積地に拠点設立

2011年2月7日

~河南省に「華南日通鄭州分公司」を設立~

 香港日本通運株式会社(社長:和田貴志)の子会社、華南日通国際物流(深セン)有限公司(以下、華南日通)は、昨年12月、河南省鄭州市に「鄭州分公司」を設立いたしました。

 鄭州市は、人口約751万人を有する河南省の省都で、自動車産業の一大集積地として発展、成長著しい中国における自動車市場の需要を支えています。
 華南日通は2008年の設立以来、日系自動車メーカーの中国最大集積地である広東省広州市を中心に、日通グループのトラック網を生かしたミルクランによる自動車部品の調達や、自社ロジスティクスセンターを基点とした組立工場へのJIT(ジャスト・イン・タイム)物流業務を積極的に展開してきました。部品の在庫や受発注管理、GPSを用いたシステムとマニュアルによる、車両運行や積載状況のダブルチェックなど、専門チームが24時間体制で高品質な生産調達物流「S-SCM(Super-Supply Chain Management)」を提供することで、JIT納入の遵守率は、ほぼ100%を達成しています。
 また、華南日通では、設立以来培ってきたノウハウの集大成である「S-SCM運行管理パッケージ」を、今般設立した鄭州分公司が構える鄭州マルチロジスティクスセンター(11,800m2)を基点に展開していく予定です。広州、天津、武漢、襄樊、開封、福州および上海などから鄭州への調達物流の取扱いを開始、鄭州地域においてもニーズの高まる自動車部品のJIT納入への対応を強化してまいります。
 今般の華南日通鄭州分公司の設立により、当社グループの海外ネットワークは37カ国、214都市、387拠点、中国国内のネットワークは33都市、101拠点となりした。

 当社は中国において、ますます高まる自動車関連の物流ニーズに積極的に対応するため、今後も中国国内80都市を結ぶ、当社グループのトラック網やロジスティクスセンターを駆使し、さらに高品質な部品物流の構築に取り組んでまいります。

以上

【新拠点の概要】
名称 華南日通国際物流(深セン)有限公司鄭州分公司
住所 鄭州市莞城回族区金岱工業園「文治路・新107国道交叉点」紫鼎企業園第4倉庫
鄭州マルチロジスティクスセンター

写真:日本通運グループ 中国国内拠点
写真:日本通運グループ 中国国内拠点
写真:日本通運グループ 中国国内拠点