日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2011年)  > 米墨国境物流ニーズへの対応を強化~日通、メキシコ・アグアスカリエンテスに新たな営業所を開設~

米墨国境物流ニーズへの対応を強化

2011年2月9日

~日通、メキシコ・アグアスカリエンテスに新たな営業所を開設~

 米国日本通運株式会社(社長:千田賢了 以下、米国日通)の子会社、NEXグローバルロジスティクス メキシコ株式会社(以下、NEXメキシコ)は、2月1日、メキシコ・アグアスカリエンテスに新たに営業所を開設しました。

 NEXメキシコはメキシコ日通とならぶ、米国日通の100%子会社で、メキシコでの製造・生産を奨励するための一時輸入制度であるサービスIMMEX制度(*)の登録会社として、2006年にメキシコ・ティファナ地区に設立されました。2008年には東部国境沿いにモンテレー営業所を開設し、日本やアジア発の原材料・部品の輸入と、製品・半製品の保管・流通加工を中心としたサービスを拡張してきました。

 今回、新たな営業所を開設するアグアスカリエンテスは、メキシコのほぼ中央に位置し、自動車関連を中心に日系メーカーが多数進出するなど、新たな再輸出加工基地として急成長を続けている都市です。
 今般の開設により、アグアスカリエンテス地区においても、IMMEX制度を活用した自社保税一貫輸送体制が整備されました。また、米墨間の相互物流に加えて、マンサニージョ港をはじめとするメキシコの主要港湾を利用した、日本を含むアジア発の海上貨物に対する保税輸入サービスを提供していくことが可能となります。また、アグアスカリエンテスの自社倉庫は、IMMEX制度への登録だけでなく当社のグローバル在庫管理システム「REWARDS」を導入、より複雑な管理が求められる保税物流に対してもVMI(ベンダー・マネージド・インベントリー)、JIT(ジャスト・イン・タイム)などの高品質なサービスを実現いたします。

 当社は今後も、お客様の多様化、高度化するロジスティクスニーズに対応するため、さらなるサービスの向上と海外ネットワークの拡充を進めてまいります。

以上

(*)サービスIMMEX制度
 メキシコにて製品を生産・輸出することを前提に、海外から免税扱いにて輸入する原材料・部材を対象とした輸送、倉庫保管を提供する制度。


【新拠点の概要】
名称 NEXグローバルロジスティクス メキシコ株式会社 アグアスカリエンテス営業所
(NEX Global Logistics de Mexico, S.A. de C.V. Aguascalientes Office)
住所 C. Jesús Maria #110-A, Parque Industrial del Valle de Aguascalientes,
San Francisco de Los Romo Aguascalientes, AGS Mexico