日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2011年)  > 日通、ロッテルダムに「欧州クロスドックセンター」を開設~「翌日転送サービス」で欧州各地向け海上貨物の輸送日数を短縮 ~

日通、ロッテルダムに「欧州クロスドックセンター」を開設

2011年4月12日

~「翌日転送サービス」で欧州各地向け海上貨物の輸送日数を短縮 ~

 オランダ日本通運株式会社(社長:小渕雄二、以下、オランダ日通)は、このたび、ロッテルダム港マースフラクテ地区に、海運貨物の輸出入CFS施設「欧州クロスドックセンター」を開設いたしました。同センターを利用して、4月1日からは、日本・アジア発欧州向け小口海上貨物の「翌日転送サービス」を開始、貨物到着後、欧州各地への翌日転送により、従来比1~3日の輸送日数短縮を実現いたしました。

 ロッテルダム港マースフラクテ地区は、オランダ政府による港湾重点施策の対象地区として開発が進められており、欧州最大規模のコンテナターミナルを設置、欧州の新たな海の玄関口になることが見込まれています。オランダ日通では、大型船のバースが同地区にシフトすることや、交通の利便性が良いことにいち早く着目し、フォワーダーとしては初めて、同地区への進出を果たしました。

 これまで、海運貨物の輸出入CFS業務をロッテルダム市内の当社拠点で行っていましたが、今般開設したCFS業務専用の施設「欧州クロスドックセンター」は港湾地区にあることから、ヤードの混雑や道路状況に左右されないため、コンテナ配送時間のスケジュール設定が可能となりました。
 さらに今後は、空の玄関口、オランダ・スキポール空港の当社航空貨物拠点と当センターとの間に集配便を運行し、海空の区別なく貨物を取り扱うことが可能なワンストップサービスの提供を進めてまいります。

 当社は、今後も欧州と日本・アジア間の物流の効率化を進め、お客様にとって利便性の高い輸送商品を提供してまいります。 

以上

【新拠点の概要】
名称 オランダ日本通運株式会社 欧州クロスドックセンター・ロッテルダム
Nippon Express (Nederland) B.V., European Cross Dock Center Rotterdam
所在地 Bosporusstraat 36, 3199 LJ Maasvlakte, Rotterdam, The Netherlands
電話番号 +31(10)299 3800
ファクス番号 +31(10)299 3870
従業員数 約30名
延床倉庫面積 3900m2
事務所面積 190m2
オランダ日通株式会社 欧州クロスドックセンター・ロッテルダム
オランダ日通株式会社 欧州クロスドックセンター・ロッテルダム