日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2011年)  > 米国日本通運、シカゴ・ロジスティクスセンターを稼動~米国中西部拠点の総合施設で 陸・海・空サービスをワンストップで提供~

米国日本通運、シカゴ・ロジスティクスセンターを稼動

2011年5月16日

~米国中西部拠点の総合施設で 陸・海・空サービスをワンストップで提供~

 当社の現地法人 米国日本通運株式会社(社長:千田賢了 以下、米国日通)は、このたびシカゴに新施設「シカゴ・ロジスティクスセンター・イースト」(以下、「イースト」)を竣工、隣接する「シカゴ・ロジスティクスセンター・ウエスト」(以下、「ウエスト」)と併せた総合施設「シカゴ・ロジスティクスセンター」を稼動させました。

 今般、米国中西部における交通の要衝、シカゴ・オヘア空港近くに竣工した「イースト」には、シカゴ郊外に分散していた海運貨物、倉庫配送、引越、情報システム、旅行の各部門を集約。また、2008年から隣接地で営業を行っていたシカゴ航空貨物支店の施設名称を「ウエスト」とし、両施設で、倉庫面積21,097m2、事務所面積6,189m2、従業員約200名となる大型総合施設「シカゴ・ロジスティクス・センター」を稼動させることにより、シカゴエリアで提供するすべてのサービス窓口を一元化し、ワンストップでの対応が可能となりました。

 また、これまで独立していた航空貨物と海運貨物のCFSを統合、24時間体制とし、中西部地域(コロンバス、デトロイト、インディアナポリス、ミネアポリス、ナッシュビルなど)への配送サービスを一本化、リードタイムの短縮を図るなど、利便性の向上を実現。さらに、綿密な輸送スケジュール管理が必要とされるデジタル機器や、自動車の生産部品などの航空貨物については、「ウエスト」での仕分け・発送作業と、「イースト」の倉庫管理システムを連携させることで、リアルタイムでの在庫管理が可能なハイスピードロジスティクスを提供いたします。

 なお、「イースト」では、環境経営推進の一環として、米国グリーンビルディング協会(USGBC)が定める、建物の環境性能を総合的に評価するLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)の認証取得に向けた取り組みも進めております。建設用地の選択から、建設資材のリサイクル促進、デザイン工夫による自然採光、さらに節水・節電への設備・機器導入、ハイブリッド車の優先駐車場など、建築物として環境への貢献を図ってまいります。

 当社は、これからもお客様のさらなる利便性向上のため、物流をトータルでサポートする体制を構築するとともに、環境に配慮した取り組みを推進してまいります。

以上

【シカゴ・ロジスティクスセンター概要】
名称 米国日本通運株式会社 シカゴ・ロジスティクスセンター・イースト
NIPPON EXPRESS (USA) INC., CHICAGO LOGISTICS CENTER EAST
住所 515 E.Touhy Ave., Des Plaines, IL 60018, U.S.A.
倉庫面積 10,042m2
事務所面積 2,826m2
     
名称 米国日本通運株式会社 シカゴ・ロジスティクスセンター・ウエスト
NIPPON EXPRESS (USA) INC., CHICAGO LOGISTICS CENTER WEST
(米国日本通運株式会社 シカゴ航空貨物支店として2008年より稼動)
住所 401 E.Touhy Ave., Des Plaines, IL 60018, U.S.A.
倉庫面積 11,055m2
事務所面積 3,363m2
シカゴ・ロジスティクスセンター・イースト(左奥)とウエスト(右手前)

シカゴ・ロジスティクスセンター・イースト(左奥)とウエスト(右手前)