日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2011年)  > 日通、タイに多機能倉庫「レムチャバン・ロジスティクス・センター」を建設

日通、タイに多機能倉庫「レムチャバン・ロジスティクス・センター」を建設

2011年7月26日

 当社の現地法人タイ日本通運倉庫株式会社(社長:有川裕之、以下、タイ日通倉庫)は、タイ東部にて、新倉庫「レムチャバン・ロジスティクス・センター」を建設いたします。すでに6月に着工しており、業務開始は2012年2月を予定しています。

 タイは、自動車産業や電子機器産業を中心に、東南アジアにおける工業先進国として発展を加速させており、国をあげた工場誘致政策によって、工業団地や高速道路、港湾設備等のインフラ整備が進んでいます。また、東南アジアの中心部に位置していることから、国内需要のみならず、諸外国への輸出も急拡大しており、今後もさらなる成長が期待されています。

 このたび新設する「レムチャバン・ロジスティクス・センター」は、136,480m2の広大な敷地に、それぞれ約30,000m2と約20,000m2の倉庫を配置し、中央に約7,500m2の全天候型多機能作業エリアを設けました。同エリアには車両が直接出入りでき、高床式と平床式の双方を具備する倉庫内において、あらゆるタイプの貨物に対応することができます。さらに、広大な敷地内には海上コンテナのストックヤードを設け、お客様の要望に応じた迅速なコンテナ手配など、様々なロジスティクスニーズに対応することが可能となりました。

 建設予定地であるヘマラート・ロジスティクス・パークは、タイ最大の貿易港であるレムチャバン港まで約18kmと近く、自動車産業を中心とした多くの大型工業団地とを結ぶハイウェイ沿いに位置しています。さらに、バンコク市内および、バンコク(スワンナプーム)国際空港からも車で1時間前後という好立地で、陸海空を結ぶ物流拠点として、その将来性に大きな期待が寄せられています。

当社は、生産・消費の一大拠点として成長を続けるタイにおいて、多様化・高度化するお客様のニーズにお応えするため、今後も高品質なロジスティクスサービスを一層充実させてまいります。

以上

【施設概要】
名称 Hi-Tech Nittsu (Thailand) Co., Ltd., Laem Chabang Logistics Center(仮称)
住所 New Highway 331 road Km.13.2, Bowin, Siracha, Chonburi Province, Thailand
敷地面積 136,480m2
倉庫面積 57,500m2(全天候型多機能作業エリア7,500m2含む)
レムチャバン・ロジスティクス・センター