日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2012年)  > 日通、タイの大型多機能倉庫「レムチャバン・ロジスティクス・センター」開所式を挙行

日通、タイの大型多機能倉庫「レムチャバン・ロジスティクス・センター」開所式を挙行

2012年4月18日

 当社の現地法人であるタイ日本通運倉庫株式会社(社長:有川裕之 以下、タイ日通倉庫)は、タイ東部のチョンブリ県レムチャバン地区にかねてより建設中であった大型多機能倉庫「レムチャバン・ロジスティクス・センター」(以下、LLC)を竣工し、4月4日に開所式を執り行いました。開所式には、チョンブリ県副知事など約100名の来賓を迎え、当社の中村次郎副社長、南アジア・オセアニア地域総括の兒嶋周史常務執行役員、タイ日通倉庫の有川裕之社長らが列席しました。

 今般開所したLLCでは、136,480m2の敷地内に、それぞれ約30,000m2と約20,000m2の大型倉庫を配置、中央に約7,500m2の全天候型多機能作業エリアを設けているほか、コンテナ・ヤードや大小3つの事務所も有しており、急成長するタイの様々なロジスティクス・ニーズに対応することが可能となりました。
 同倉庫は、タイ最大の貿易港であるレムチャバン港まで約18kmと至近で、バンコク市内およびバンコク(スワンナプーム)国際空港からも車で1時間前後という好立地にあることから、陸海空を結ぶ物流拠点として、その将来性に大きな期待が寄せられています。また、昨年発生したタイ北部の大洪水の影響を受け、多くの企業が同地区を含むタイ東部への移転あるいは第二工場等の建設を実施・検討する中、LLCのあるレムチャバン地区は洪水の影響を受けにくい工業地域としても注目されています。

 当社は、生産拠点・消費拠点としてさらなる成長を続けるタイにおいて、お客様の多様化・高度化するニーズにお応えするため、高品質なロジスティクス・サービスを一層充実させてまいります。

【レムチャバン・ロジスティクス・センター(LLC)概要】
名称 Hi-Tech Nittsu (Thailand), Co., Ltd. Laem Chabang Logistics Center
住所 New Highway 331 road Km.13.2, Bowin, Siracha, Chonburi Province, Thailand
敷地面積 136,480m2
倉庫面積 57,500m2(全天候型多機能作業施設7,500m2含む)
(敷地内に、約10,000m2の倉庫増設用地があり、需要に応じたさらなる倉庫拡張が可能)

レムチャバン・ロジスティクス・センター

以上