日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2012年)  > 日通、原木インターナショナルロジスティクスタウンNO.2を新設へ

日通、原木インターナショナルロジスティクスタウンNO.2を新設へ

2012年5月14日

 当社は、千葉県市川市原木の原木インターナショナルロジスティクスタウンNO.1(以下、BILT-1)に隣接する、同NO.2(以下、BILT-2)の建設を決定いたしました。

 原木地区は、成田空港と羽田空港の中間に位置し、東京港からも近いことから、国際物流の要衝となっています。当社は、2006年6月のBILT-1(延床面積17,212m2)竣工以来、恵まれた立地条件を活かし、国際貨物の在庫管理や流通加工などのロジスティクスサービスを通じ、多様化・高度化するお客様の物流ニーズにお応えしてまいりました。

 今回新設するBILT-2は、延床面積36,500m2、倉庫面積32,000m2の大型物流拠点で、2014年初めの竣工を予定しています。これにより、従来のロジスティクスサービスに加えて、セキュリティ強化、環境配慮、災害対策等を加味した、より高付加価値の物流サービスの提供が可能となります。

 当社は今後も、国内外の拠点の拡充を図ることで、お客様のサプライチェーン最適化等に貢献してまいります。

【BILT-2概要】
竣工時期 2014年初め
名称 原木インターナショナルロジスティクスタウンNO.2
略称:BILT-2(ビルト・ツー)
住所 千葉県市川市原木2526-23、78
建物規模 地上6階建(耐震構造)、延床面積約36,500m2
設備(予定) TAPA FSR準拠 セキュリティシステム(TAPA認証取得予定)、
空調倉庫、太陽光パネル(1,600m2規模)、LED照明、自家発電機
サービス内容 一時保管、在庫管理、検品、流通加工、受発注管理、他

原木インターナショナルロジスティクスタウンNO.2

以上