日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2012年)  > 中国日通、合肥経済技術開発区管理委員会と物流顧問契約を締結

中国日通、合肥経済技術開発区管理委員会と物流顧問契約を締結

2012年8月8日

 当社の現地法人 日通国際物流(中国)有限公司(社長:須藤信也 以下、中国日通)は中国安徽省合肥市の合肥経済技術開発区管理委員会と「物流顧問契約」を締結し、8月7日に調印式を執り行いました。

 合肥経済技術開発区管理委員会は、外資系企業の合肥市への誘致、および進出後のサポートを行う政府機関です。今般の契約締結により、当社は合肥市に新たに進出する企業に対し、同管理委員会を通じて関係機関への橋渡しをするとともに、物流面でのサポートを行っていきます。

 合肥市は日系の建機・家電メーカーが多く進出しており、近年では医薬・医療機器関連メーカーの誘致も積極的に進めていることから、高品質な輸送サービスへのニーズが高まっています。中国日通では2011年8月に合肥事務所を設立し、各種物流サービスを提供していますが、さらなるサービス向上のため、支店化に向けた手続きを進めております。

 当社は今後も、豊富な物流ノウハウとグループのネットワークを活用し、中国における高品質なロジスティクスサービスを拡充してまいります。

以上