日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2012年)  > 日通、航空貨物防振対応で新技術を開発

日通、航空貨物防振対応で新技術を開発

2012年8月31日

 当社はこのたび、航空貨物輸送時の衝撃を緩和する新たな技術を施した防振パレットを開発いたしました。

 航空貨物輸送ではこれまで、空港内における搬送作業中の振動・衝撃が課題となっており、搬送速度を落とすことで衝撃を低減する方法が一般的でした。今回、当社が開発した防振パレットは衝撃緩和素材として特殊ダンピングコイルばねを使用し、ULDパレット(航空機搭載用パレット)1枚につき防振パレット4枚を組み合わせて使用できるよう設計したことで、空港内搬送時の衝撃を緩和、幅広い重量帯で防振効果を発揮することが可能となりました。
 600キロの貨物に当パレットを使用した場合では、通常輸送時と比較して75%以上(当社比)の振動が低減されます。また、パレット自体はアルミニウム製で軽量化しており、お客様の要望に応じたサイズ・重量帯にカスタマイズして活用することも可能で、電機・精密機器・医療機器・医薬品・設備関連メーカーなど、幅広いお客様のご利用を見込んでいます。

 当社は今後も、多様化するお客様のニーズにお応えするべく、高品質な輸送サービスを提供してまいります。

航空貨物輸送時の衝撃を緩和する新たな技術を施した防振パレット
   本件に関するお問い合わせ先
お客様 日本通運株式会社 東京航空支店
国際貨物部 商品企画課 滝沢・定月
TEL:03-5442-5289