日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2012年)  > 日通、日本貨物航空とEDI Agreementを締結

日通、日本貨物航空とEDI Agreementを締結

2012年9月6日
報道関係各位
日本通運株式会社
日本貨物航空株式会社
 
日通、日本貨物航空とEDI Agreementを締結
 
 
 日本通運株式会社(社長:渡邉健二)と日本貨物航空株式会社(社長:大槻哲史)は、航空貨物業界のEDI化を促進すべく、このたび、EDI Agreementを締結いたしました。

 今般締結したEDI Agreementは、フォワーダーと航空会社間で、紙媒体のMaster Air Waybillに代わる包括的な運送契約を取り交わすもので、これによりIATA(国際航空運送協会)が推進するe-AWB(*注)での輸送が可能となりました。電子データで伝送した貨物情報を使用することで、情報伝達のスピードが大幅にアップするとともに、事務工程削減やペーパーレス化によるコスト削減を目指します。両社はすでに、成田発シンガポール向け混載貨物を対象とした、e-AWB導入によるテスト輸送も実施しております。

 両社は、今後もe-AWB導入の路線拡大を進め、EDI化の促進による航空輸送サービスの品質向上に努めてまいります。

*e-AWB・・航空輸送上の必須書類であるMaster Air Waybillを電子化したもの
   本件に関するお問い合わせ先
お客様 日本通運株式会社 東京航空支店
国際貨物部 業務課 衣松・丸田
TEL:03-5442-5230
日本貨物航空株式会社 事業戦略部 江田・早川
TEL:0476-32-9609