日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2012年)  > インド向け海上混載サービス「マハラジャエクスプレス」を刷新 - 日本発チェンナイ・バンガロール向けをダイレクト化 -

インド向け海上混載サービス「マハラジャエクスプレス」を刷新

2012年10月3日

- 日本発チェンナイ・バンガロール向けをダイレクト化 -

 当社は、10月19日東京出港分から日本発チェンナイ・バンガロール向けダイレクト海上混載サービスを開始いたします。

 従来の日本発チェンナイ・バンガロール向け混載は、一旦シンガポールを経由しコンテナの開封・再仕立てを行っていましたが、昨今の著しい日系企業のインド南部地域への進出を受け、日本で仕立てたコンテナをチェンナイ・バンガロールまでダイレクト輸送することで約1週間のリードタイム短縮と積み替え時のダメージリスク削減を実現しました。
 また、チェンナイ・バンガロールの各CFSにおいて自社スタッフによるデバンニング作業立会いを実施、オペレーション品質の強化とイレギュラー発生時の迅速な対応に努めるとともに、貨物状況をお客様がウェブ上で確認できるようにすることで、物流の可視化にも対応いたします。
 なお、貨物の荷受けは東京および横浜の各CFSで行っており、東京出港後18日でチェンナイCFS、20日でバンガロールCFSへ到着することができます。

 当サービスの開始は、日本発ニューデリー向けダイレクト混載に続く「マハラジャエクスプレス」刷新の第二弾であり、今後もインド向け海上混載のさらなるサービス向上を図るとともに、活発化する日印経済交流を背景に多様化するお客様ニーズにお応えしてまいります。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 日本通運株式会社 海運事業部 複合輸送担当
南アジア・オセアニアチーム 山下  TEL:03-6251-1655