日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2012年)  > 日通、トルコでIATAライセンスを取得 - 自社ハンドリングによる現地での航空貨物輸出業務を開始 -

日通、トルコでIATAライセンスを取得

2012年10月11日

- 自社ハンドリングによる現地での航空貨物輸出業務を開始 -

 当社の現地法人トルコ日本通運株式会社(社長:岩藤康夫)はこのたび、IATA(International Air Transport Association) 貨物代理店ライセンスを取得し、11月1日からトルコで自社ハンドリングによる航空輸出業務を開始いたします。

 トルコは自動車、家電、繊維など、多くの製造業の集積地で、欧州をはじめ、消費市場として拡大する中東諸国やアフリカ諸国への輸出国であるとともに、その地理的条件を活かした貨物中継地としても注目を集めています。また、トルコ経済省が日本を貿易拡大重点国に挙げており、周辺国だけでなく日本との間の取扱い増加も見込まれています。

 トルコ日通はこれまで、トルコ発の航空輸出業務については現地代理店を介して行っていましたが、今回のライセンス取得により、自社ハンドリングによる高品質なオペレーションが実現いたしました。また、航空会社と運賃に関して直接交渉ができるようになり、料金面での柔軟な対応も可能となります。従来から自社ハンドリングで行ってきた航空貨物の輸入業務と合わせ、より安心で高品質なトルコ発着の航空輸送サービスを提供いたします。

 当社グループは今後も、高度化・多様化するお客様のロジスティクスニーズにお応えするサービスの拡充に努めてまいります。

以上