日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2013年)  > 「防振パレット」を利用した国際航空輸送サービスを開始

「防振パレット」を利用した国際航空輸送サービスを開始

2013年1月31日

 当社は、独自開発の防振パレット(特許出願中)を使用して振動・衝撃を低減させた新たな国際航空輸送サービスを開始いたします。

 防振パレットは、衝撃を受けやすいとされる空港内での搬送作業や、航空機への積み込み、取り降ろし作業における貨物への衝撃が約75%(当社従来比)緩和され、ダメージ発生リスクの低減が可能となります。
 また、オプションとして、当社開発のGPS付きデータロガー「GLOBAL CARGO WATCHER」(略称:GCW)を併せてご利用いただくことにより、当社貨物追跡システム「Air Trail」を通じて、貨物の輸送状態・位置情報をリアルタイムで把握いただくことができます。
 今般、本サービスの第一弾として成田‐韓国(仁川)線における運用を本格的に開始、順次、対象路線を拡大していく予定です。

 当社は、今後もお客様の多様なニーズにお応えするべく、さらなる商品開発に努めてまいります。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 日本通運株式会社 東京航空支店
国際貨物部 商品企画課 滝沢・定月
TEL:03-5442-5289