日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2013年)  > 日通、中国における自動車関連物流を強化 - 華南日通が天津、上海に支店を設立 -

日通、中国における自動車関連物流を強化

2013年2月25日

- 華南日通が天津、上海に支店を設立 -

 当社の現地法人、華南日通国際物流(深セン)有限公司(社長:前山高広 以下、華南日通)は、本年1月、天津市と上海市にそれぞれ支店を開設いたしました。

 華南日通は2008年の設立以来、中国主要都市を結ぶ日通グループのトラック輸送網を活かした自動車部品のミルクランや、自社ロジスティクスセンターを基点とした組立工場へのJIT(ジャスト・イン・タイム)物流などを提供しています。また、「Super SCM 運行管理パッケージ」として調達物流を展開、専門チームによる24時間体制での部品の在庫・受発注管理、車両運行管理などの高品質なサービス提供により、お客様のサプライチェーンマネジメントをサポートしてまいりました。

 華南日通は、日系自動車メーカーが多く進出する広東省広州市を中心に、河南省鄭州市にも拠点展開していましたが、今般の天津・上海支店設立で、華南日通としての国内拠点は6拠点となります。今後、両支店では華北・東北地区および華東地区において、高まる自動車関連の物流ニーズに積極的に対応してまいります。

【華南日通 新拠点概要】
<天津支店>
名称 華南日通国際物流(深セン)有限公司天津分公司
住所 天津市濱海新区塘沽海洋技術開発区聚源路288号
 
<上海支店>
名称 華南日通国際物流(深セン)有限公司上海分公司
住所 上海市長宁区延安西路2299号11C30(1117C30)室

以上