日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2013年)  > 2012年度の鉄道コンテナ取扱い実績について

2012年度の鉄道コンテナ取扱い実績について

2013年4月17日

 当社は、2012年度の鉄道コンテナ取扱い実績を取りまとめました。

  実績 前同 伸長率
鉄道コンテナ取扱個数 1,973,013個 1,919,572個 +2.8%

◇概 況
取扱個数:上半期980,269個、伸長率+8.4%、下半期992,744個、伸長率▲2.2%
2012年度上半期の発送個数は、台風4号、17号の上陸や、4月と9月に発生したJR北海道江差線の脱線事故などがあったものの、前年の東日本大震災による影響を受けて反動増で推移いたしました。
下半期は、JR貨物による機関車の防護無線機一斉点検や、雪の影響による運休、エコカー補助金の打ち切りに伴う自動車部品輸送の反動減などにより、前同比で減送となりました。
年度実績としては、車扱輸送からコンテナ輸送への転換や東日本大震災の災害廃棄物輸送の本格化により増加となり、1,973,013個、前年比53,441個増、伸長率+2.8%となりました。
モーダルシフトの取り組みとしては、CO2排出削減効果の高い取り組みに対する国土交通省の補助認定を受けた全18事業(鉄道13事業)のうち6事業を取り扱いました。加えて、31ftウイングコンテナを新たに50個導入いたしました。
また、お客様向け鉄道コンテナ情報システム「鉄道コンテナNAVI」に機能を追加し、お客様の利便性を向上させるとともに、2013年1月には社内システムを改修、複数のシステムを統合したことにより機能のスリム化を実現いたしました。
今後も、お客様の様々なニーズにお応えするべく、高品質な鉄道輸送サービスの提供に努めてまいります。

◇2013年度鉄道コンテナ取扱目標個数 :202万個(対前年+2.4%)

以上