日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2013年)  > 2012年度の内航海上輸送サービス取扱い実績について

2012年度の内航海上輸送サービス取扱い実績について

2013年4月17日

 当社は、2012年度の内航海上輸送サービス取扱い実績をとりまとめました。

  実績 前同 伸長率
12フィート コンテナ数 187,892個 206,475個 △9.0%
トレーラ台数 42,289台 41,038台 3.0%
12フィートコンテナ換算個数 314,759個 329,589個 △4.5%

◇概 況

  • 全体
    2012年3月末の契約期間満了に伴い、関西-北海道航路で運航していたフルコンテナ船「うらが丸」の運航を終了し、2012年4月より東京-北海道航路の「ひまわり3」を大阪・高松まで延伸、新たに「北海道-東京-関西・四国航路」といたしました。これまで4隻で運航していた航路を3隻で統合運航させたことにより、12フィートコンテナ(以下、12Fコンテナ)個数は、18,583個の減となり、12Fコンテナ換算個数の発送実績は、前年比14,830個の減となりました。トレーラ台数は前年を1,251台上回り、今後もトレーラ化の傾向が続くと見込まれます。
  • 航路別概況
    1. 「北海道-東京-関西・四国航路」
      飲料関係を中心とする生活物資および農産物・紙製品を継続的に取り込みましたが、フルコンテナ船「うらが丸」の減船により、積載個数は、前年比14,997個減(12F換算:7.2%減)となりました。
    2. 「東京‐九州・瀬戸内航路」
      徳山港休止により積載効率が向上、主に飲料・食品関係を取り込んだ結果、前年比167個増(12F換算:0.1%増)となりました。
  • 航路改編と新造船投入について
    「北海道-東京-関西・四国航路」
    2013年4月より「北海道-東京-関西・四国航路」に新造RORO船「ひまわり7」を投入し、基幹航路の拡充を図るとともに、低燃費運航・モーダルシフトを推進してまいります。
    「東京-九州・瀬戸内航路」
    2013年4月より「東京-九州・瀬戸内航路」で松山寄港を開始いたしました。「北海道-東京-関西・四国航路」における「ひまわり1」または「ひまわり2」の高松寄港と合わせて、輸送網の拡充を図ってまいります。

以上