日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2013年)  > 日通 バンコク-ヤンゴン間 陸路輸送サービスを販売開始 - タイ・バンコクと企業進出ラッシュに沸くミャンマー・ヤンゴンを繋ぐ物流ニーズに対応 -

日通 バンコク-ヤンゴン間 陸路輸送サービスを販売開始

2013年7月23日

- タイ・バンコクと企業進出ラッシュに沸くミャンマー・ヤンゴンを繋ぐ物流ニーズに対応 -

 当社は、バンコク(タイ)、ヤンゴン(ミャンマー)を繋ぐ、新しい陸路輸送サービスの販売を7月から開始いたしました。

 本サービスは、従来のDoor to Doorの海上輸送では約3週間を要していた、陸のアセアンの中心であるタイの首都・バンコクと世界中から注目を浴びているミャンマーの商都・ヤンゴン間走行距離約960キロを、約4日で繋ぐ陸路輸送サービスです。

 タイ国内では、タイ日本通運倉庫の自社車輌による運行、ミャンマー国内においては、現地物流企業との業務提携により、円滑なクロスボーダー手続きが可能となりました。さらに、GPS搭載トラックと携帯電話等の使用により、輸送途上の車両の位置や状況を随時モニタリングできる体制が完備されました。すでに同ルートにおいてジェトロ・バンコク殿と共同で試験輸送も実施しております。

 また、南アジア・オセアニア日本通運では、昨年10月にミャンマー支店を開設しており、"Leading Myanmar in Logistics Design" を旗印にミャンマーを通じて、アセアンと中国、そしてアセアンとインドを繋ぐ陸路輸送サービスの開発についても着手しております。

 当社は今後も、基幹輸送サービスであるSS7000を中心に、東南アジア、南アジアでの輸送網拡充を図りながら、この地域で展開されるお客様の多様化する物流ニーズに、高品質な輸送サービスで貢献できるように努めてまいります。

以上