日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2013年)  > マレーシア日通ハラル物流認証申請が完了、取得へ~コンプライアンス認証(MS1900)も同時取得へ~

マレーシア日通ハラル物流認証申請が完了、取得へ

2013年9月20日

~コンプライアンス認証(MS1900)も同時取得へ~

 当社の現地法人、マレーシア日本通運株式会社(社長:岩崎 勉、以下 マレーシア日通)は、マレーシアで2014年度中にも物流に関するハラル認証を取得いたします。

 ハラルとはイスラム法に適合しているという意味であり、豚肉やアルコールなどを含まない食品などを指します。現在、世界のイスラム教徒人口は、約16億人といわれ、これに関連するハラル産業の市場規模も、2兆米ドルを超えるまでに拡大しているといわれています。イスラム教を国教とするマレーシアは、国策としてハラル認証制度の拡充を図っており、この基準を満たした国産のハラル製品は、世界で最も信頼のおけるものと認知されています。

 マレーシアでは、これらの製品を市場に供給するための物流分野(ハラル物流)への関心が高まりを見せております。今般、同国政府は、食品・化粧品・医薬品に続き、物流に関するハラル認証(MS2400)の受付を2013年7月より開始しました。

 マレーシア日通では、すでにMS2400認証申請を完了しました。日系物流企業として初の認証取得を目指すとともに、イスラム法に則したハラル専用車両の導入など、同国内での貨物の受託体制の整備を適宜進めております。

 また、MS2400取得にともないイスラム法に関わるコンプライアンス認証(MS1900)も必要なことから、MS1900も同時に取得いたします。

 当社は、マレーシアに進出している日系企業へのマレーシア国内のトラック輸送に関わるハラル物流サービス提供・販売をはじめとし、今後は同国を起点に、インドネシア・バングラデシュ、さらには中東・アフリカといった大イスラム経済圏におけるハラル物流サービスの構築を目指してまいります。

以上