日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2013年)  > インドネシア日通、航空貨物の高速輸入配送サービス「NEXSAO - SKY JIT JAKARTA」を販売開始

インドネシア日通、航空貨物の高速輸入配送サービス「NEXSAO - SKY JIT JAKARTA」を販売開始

2013年10月1日

 当社の現地法人、インドネシア日本通運株式会社(社長:中村 雅之 以下、インドネシア日通)は、9月16日からジャカルタで迅速な輸入通関・配達を実現する航空輸送商品「NEXSAO - SKY JIT JAKARTA」について、シンガポール、タイ・バンコク発の貨物を対象に販売を開始しました。

 ジャカルタのメイン空港であるスカルノ・ハッタ国際空港では、近年の急速な経済成長に伴い、取扱貨物量が急増しています。空港保税施設による到着貨物の荷役業務が追いついておらず、輸入貨物の滞留が常態化しております。現行、同空港到着から配達までに3~5日の日数を要しております。

 インドネシア日通では、同市近郊のハリム・ペルダナクスマ国際空港を利用し、貨物が空港に到着した同日、専任スタッフが輸入許可済み貨物を引き取る運用体制を確立しました。これにより、ジャカルタに到着した貨物を1~3日でお届けすることが可能となりました(従来比2日短縮)。

 また、ジャカルタまでの航空輸送はシンガポールからの貨物専用便を利用しており、シンガポールのほかタイ・バンコクでも貨物を受託することが可能です。自動車用部品等のジャカルタ近郊工業団地向けの緊急輸送ニーズにもお応えいたします。

 さらに、同空港は日系メーカー生産拠点の集積する西ジャワ州に隣接しているため、渋滞の慢性化するジャカルタ市街地を通らずに、日系各社工場までジャスト・イン・タイム(JIT)にお届けすることができます。

 今後は、受託地の拡大を図り、世界各地からの貨物を当社シンガポール拠点(ハイスピード・ロジスティクスセンター)に集約し、確実な積み替え作業とモニタリングを行い、ジャカルタまで輸送するサービスを拡充いたします。

 当社は、今後も独自のソリューションで、お客様の物流を支援してまいります。

以上