日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2013年)  > メキシコで航空便による輸入引越サービスを拡充

メキシコで航空便による輸入引越サービスを拡充

2013年10月15日

 当社の現地法人、メキシコ日本通運株式会社(社長:古江 忠博)は、メキシコでの航空便による輸入引越貨物に関するサービスを拡充いたしました。

 新たなサービス拠点として、9月に『グアナファトロジスティクスセンター(グアナファト州シラオ市)』に日本語対応可能なカスタマーサービスデスクを開設しました。既存のメキシコシティ本社・アグアスカリエンテス営業所・グアダラハラ営業所・モンテレー営業所に加えて、5番目の拠点になります。

 また、従来の輸入通関はメキシコシティ空港でのみでしたが、10月1日からはグアダラハラ空港およびモンテレー空港でも輸入通関業務を開始いたしました。

 グアダラハラ空港は、自動車産業の進出が著しいメキシコ中央高原地域へのゲートウェイに位置し、また、モンテレー空港は米墨ボーダー地域から至近の立地にあります。近年、同地域では、日系企業の新規進出と業務拡張にともない、長期出張者・赴任者が増加しております。お客様に最も近い空港で輸入通関を行うことにより、同地域への配達所要日数は、従来と比較して、平均1~2日の短縮が可能となりました。

 当社は今後も、高品質なサービスを拡充することで、お客様の多様な物流ニーズにお応えしてまいります。

 【メキシコ日通 航空便の輸入通関空港およびカスタマーサービスデスク設置営業所】

以上