日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  日通、ブラジルに「カジャマールロジスティクスセンター」を開設

日通、ブラジルに「カジャマールロジスティクスセンター」を開設

2014年1月23日

 当社の現地法人、ブラジル日本通運有限会社(社長:細谷 浩司 以下、ブラジル日通)は、サンパウロ州カジャマール市に「ブラジル日通カジャマールロジスティクスセンター」を開設し、1月20日から営業を開始いたしました。ブラジル国内における当社ネットワークはこれで7拠点となります。

 サンパウロ州カジャマール市は、サンパウロ中心部から北西約35キロメートル、ブラジルへの航空貨物の窓口であるビラコポス国際空港とガリューロス国際空港からは60キロメートル圏内、そして南米最大の海上貨物取扱量を誇るサントス港へは120キロメートルの位置にあります。また、ブラジル国内の最大都市であるサンパウロ市への供給地としても期待されており、今後ますますの発展が見込まれています。

 「カジャマールロジスティクスセンター」は、お客様の輸出入貨物の物流拠点としてご活用いただける高度な機能を備えております。具体的には、自社スタッフによるオペレーションと当社独自のグローバル在庫管理システム「REWARDS」により、検品作業・キッティング・クロスドック等といった高付加価値サービスを提供し、様々な物流最適化に貢献いたします。

 当社は今後も、お客様の多様化、高度化するロジスティクスニーズに対応するため、さらなるサービスの向上とネットワークの拡大に努めてまいります。

【施設概要】
名称 ブラジル日本通運有限会社
カジャマールロジスティクスセンター
Nippon Express do Brasil Ltda. Cajamar Logistics Center
住所 Armazém E do Condomínio Empresarial Jatahy
Av. Marginal do Ribeirão dos Cristais, 500 - Cajamar
SP (Rodovia Anhanguera, KM 37 - sentido interior - capital)
CEP 07775-240
倉庫施設面積 倉庫床面積:2,100m2(総面積:3,062m2

以上