日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  ラオス人民民主共和国の公共事業・運輸大臣が日通伊豆研修センターを見学

ラオス人民民主共和国の公共事業・運輸大臣が日通伊豆研修センターを見学

2014年3月3日

 2014年2月21日、外務省の招聘により来日中であったラオス人民民主共和国のソマート・ポンセナー公共事業・運輸大臣が「日通伊豆研修センター」(静岡県伊豆の国市)を訪問しました。

 伊豆研修センターは当社の技能教育の中核となる研修施設で、大臣は当日同施設で開催していたトラックやフォークリフトの運転技能研修を見学し、当社の安全、交通事故防止への取り組み、教育プログラムに関心を示していました。また、ラオス国のトラックドライバーに対する安全教育、技能教育の導入について意見交換を行いました。
 これに先立ち19日には、ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使とともに本社を訪問、大メコン圏(Greater Mekong Subregion)におけるラオス国の物流面での重要性などについて、当社スタッフと幅広い意見交換を行いました。
 当社は、JICA(国際協力機構)のPPPインフラ事業として、ラオス国の首都ビエンチャン近郊に、トラックターミナル・鉄道貨物用コンテナヤード・倉庫・税関などの複合的な物流施設を建設、運営するビエンチャン・ロジスティクスパーク(VLP)事業についての協力準備調査をJICAより受託し、本年1月から調査を始めています。今回、このような経緯から来日時に当社を訪問することになりました。

 当社は、今後も発展著しい東南アジアにおいて、高品質な物流サービスを展開してまいります。

伊豆研修センターで研修を見学するソマート・ポンセナー大臣

意見交換する大臣と本社スタッフ

以上