日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  日通、山形県飯豊町「日通の森」で、初めて冬の森林育成活動を実施

日通、山形県飯豊町「日通の森」で、初めて冬の森林育成活動を実施

2014年3月7日

 当社は、3月1日、2日、山形県飯豊町にある「日通の森」で森林育成活動を冬季に初めて実施し、当社従業員及びその家族34人が参加しました。

 「日通の森」(山形県飯豊町)は、2007年当社の創立70周年を機に地球温暖化防止および生物多様性の保全を目的として設けたもので、地元自治体、森林組合、NPO法人など地域の協力・指導のもと計画的に間伐や植栽を行っています。特に毎年夏季に広く従業員の参加を募って森林育成活動を行っており、これまで14回実施しています。
 冬季の開催は初めてで、飯豊町は例年より積雪が少ないものの2m以上の積雪があり、かんじきを履いての活動となりました。参加者は、冬季の活動として「木づかい」のひとつである椎茸のホダ木づくりや炭焼きを行い、二日目にはスノーモービルの試乗など雪国ならではの体験をしました。
 育成活動の合間には「熊なべ」がふるまわれ、夜には山形県に伝わる小正月行事「さいぞう笑い(ヤハハエロ)」を行い、地元の方とともに無病息災、・五穀豊穣を祈念し、交流を深めました。

 当社は、山形県飯豊町のほか、鳥取県日南町、静岡県伊豆の国市にも「日通の森」を設けています。これからも森林育成活動など環境保全への取り組みを積極的に行ってまいります。

かんじきを履いて「日通の森」に入る参加者

指導を受けながら椎茸ホダ木づくりをする参加者

炭焼きを体験する参加者

スノーモービルを試乗する参加者

以上