日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  日通、メキシコ発ブラジル向け自社一貫海上混載輸送サービスの販売開始

日通、メキシコ発ブラジル向け自社一貫海上混載輸送サービスの販売開始

2014年3月12日

 当社の現地法人、メキシコ日本通運株式会社(社長:古江忠博 以下、メキシコ日通)とブラジル日本通運有限会社(社長:細谷浩司 以下、ブラジル日通)は、メキシコからブラジルへの発着一貫責任体制による海上混載輸送サービスを3月1日から開始いたします。

 本混載サービスは、メキシコ日通のメキシコシティ、シラオ、アグアスカリエンテス、ケレタロ、グアダラハラ、モンテレイの6拠点で受託し、リオデジャネイロ港とサントス港にあるブラジル日通にて引き渡します。発地、着地ともに自社スタッフによる作業を行い、高品質な輸送サービスを提供いたします。

 近年、メキシコとブラジルには自動車産業を中心とした企業進出が多く、両国間の物流量も増加し、輸送ニーズに合わせた様々な輸送モードや安定した輸送への需要が高まっています。
 しかし、ブラジルでは貨物によっては事前に輸入ライセンスの取得が必要な場合があり、その手続きの不備により輸入許可を得られず輸送の遅延などが発生することがあります。日通グループは申告書類の事前確認システム「グリーン・ライト(※1)」を本混載輸送サービスに加えることで、着地での手続き上のトラブルを解消し、安定した輸送サービスを可能にしました。

 当社は今後も中南米域内物流サービスの拡充をおこない、お客様のニーズに即した高品質な輸送サービスを提供してまいります。

※1) 「グリーン・ライト」とは、貨物の再検量、本船ブッキング時にブラジル輸入申告に必要な8桁の税関番号及びB/Lの事前確認を当社がお客様に代わり実施するサービスの名称です。

以上