日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  日通、生鮮食品向けの輸出専用保険サービスの代理販売を開始

日通、生鮮食品向けの輸出専用保険サービスの代理販売を開始

2014年3月17日

 当社は日本から輸出する野菜・果実・魚介類・肉類などの生鮮食品を対象とした新しい保険を3月17日より販売いたします。(引受保険会社:日本興亜損害保険株式会社)

 本保険は、「NEX-FOOD フレッシュ・コンテナ」や「海上冷凍混載サービス」など当社の生鮮食品を対象としたすべての国際一貫輸送サービスに付保することができ、デリケートな扱いが必要な生鮮食品の輸出における様々なリスクに対応します。

 昨今、海外における日本の農水産物や食品の需要が高まり、輸出が拡大しています。しかし、種類によっては品質管理が難しく、輸送中に腐敗することもあります。また、仕向地では輸入許可がおりず返送・廃棄せざるを得ない、薫蒸・消毒処理が求められるなど、発送時には想定できない問題も起こっています。
 本保険は、輸送中の損害だけではなく、品質劣化による損傷や輸入国で処分等などによって発生した各種追加費用についても補償する新しい保険商品です。

当社は今後も、日本の生鮮食品に対する需要が高まる世界各国向けに、生鮮食品輸出サービスの拡充を図ってまいります。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 (航空輸送) 日本通運株式会社 東京航空支店 国際貨物部
         川島・石井・杉山 TEL:03-5442-5227
(海上輸送) 海運事業部
         関谷・北田 TEL:03-6251-1620

以上