日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  台湾日通、新倉庫「NEXT倉庫」を竣工

台湾日通、新倉庫「NEXT倉庫」を竣工

2014年5月9日

 当社の現地法人、台湾日通国際物流股份有限公司(董事長兼総経理:今村昌昭 以下、台湾日通)は、台湾北部の桃園県桃園市に新倉庫「NEXT倉庫」の営業を1月から開始いたしました。

 近年、台湾ではEC市場が右肩上がりで成長しており、台北市などの消費地へインターネット通販で購入された生活雑貨などが多く流通し、海外で生産された商品の輸入や台北市などへの配送需要が高まっています。しかし、台北市内には倉庫を建設できないという規制があります。台湾日通では、これらの物流ニーズに応えるため、隣接する桃園県に述床面積約27,300平方メートル、4階建ての倉庫を新設しました。新設倉庫は消費地である台北市内から約20キロメートル、輸出入貨物の玄関口である台北港まで約22キロメートル、桃園国際空港まで約17キロメートルという好立地です。

 当倉庫の機能については、4階は、定温、防塵仕様となっており、電子部品、健康食品など温度管理が必要な貨物の保管に対応します。3階は中二階構造とし、保管スペースを最大限活用できるようVNAラック(※1)、3WAYフォークリフト(※2)、ピッキングフォークリフトを設備。1階には、大型トラック12台が同時に接車でき、スムーズな入出庫が可能です。また、24時間常駐警備、監視カメラ、センサー機能を完備し、セキュリティー面でも万全の体制を整えています。さらには、在庫管理システム「REWARDS」を導入しており、ピースピッキングや検品作業など在庫管理だけでなく付加価値をつけたサービスもご提供いたします。
 消費地への配送については、提携している宅配業者「宅配通」の活用で台湾全土をカバーし、EC市場で不可欠なクレジットカード決済、コンビニ渡しにも対応いたします。

 当社は台湾での倉庫は7カ所目となり、今後も、ますます高度化する顧客ニーズへの対応をさらに強化するとともに、台湾内の当社ネットワークを活用して様々な輸送サービスを拡充してまいります。

※1)VANラック Very narrow aisle rack (極端に間幅が狭い通路のラック)
※2)3WAYフォークリフト 前・左・右の3方向の荷役作業が可能なフォークリフト
【営業拠点概要】
施設名 NEXT倉庫
住所 台湾桃園縣桃園市塩務路57巷31號
敷地面積 4,000坪(約13,200m2
延べ床面積 8,260坪(約27,300m2) ※メザニン含む、約36,200m2
立地 中山高速道路(高速一号線) 「南崁」ICから約10分
桃園国際空港より約17Km 基隆港より約50Km
NEXTは、Northern Formosa in East Asia Xover (crossover)Terminalの略です。
【写真】

以上