日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  日通総研、「緩衝防振海上コンテナの開発と運用」で日本MH大賞優秀賞を受賞

日通総研、「緩衝防振海上コンテナの開発と運用」で日本MH大賞優秀賞を受賞

2014年5月29日

(株)日通総合研究所

 (株)日通総合研究所(社長:宮近清文)は、日本マテリアル・ハンドリング協会主催の第24回日本MH大賞において、ロジスティクスコンサルティング部 研究主査 陳麗梅による「緩衝防振海上コンテナの開発と運用」(日本通運(株)重機建設事業部と共同開発)で優秀賞を受賞しました。

【研究開発の経緯】

 精密機械は、コンテナの吊り上げ、積み下ろし荷役の際衝撃が非常に大きいため、これまでコンテナ船では運搬することができませんでした。このため精密機械を輸出するには、航空機を利用するか、RORO船を利用するしかなく、航空機を利用する場合は、コストが高く輸送スペースが限られるなどの問題が、またRORO船を利用する場合は、航路が限定されるため近距離しか輸送することができず、スケジュールも限られるため輸出できる地域が限定されるという問題がありました。
 何より問題だったのは、輸送時の衝撃を和らげるため、厳重な梱包が必要で梱包コストがかさむということでした。
 そこで日通総研では、これらの課題を解決するため日本通運(株)重機建設事業部と共同で、海上コンテナ自体に緩衝・防振機能を装備し、海上コンテナによる精密機器の輸送を可能にするという新たな発想により「緩衝・防振海上コンテナ」を開発しました。

【緩衝防振機能】

(1)コンテナに設置された緩衝バッファの上下伸縮で荷役時の衝撃を吸収します。

(2)空気バルーンがコンテナ内部の床を持ち上げ、輸送中の振動を吸収します。

【運用実績】

 研究から実験を行い、約4年を経て昨年10月から実運用を開始し、日本通運(株)重機建設事業部が本年3月までに液晶生産ラインの心臓部である露光装置を横浜港から中国福州まで本コンテナを利用し、運搬設置しました。
 衝撃低減の実績については、輸送の全過程において衝撃振動加速度が従来10G以上となる場合があるところ、1.5G以下と大幅に改善することができました。

 緩衝防振コンテナの開発により、木枠梱包が不要、梱包時間の短縮、梱包コストの削減、木枠開梱時のダメージの回避、エアサスシャーシーが不要など、荷主に大きなメリットとなりました。
 また、これまで輸送エリアが限られていましたが、緩衝防振コンテナの導入で遠距離への輸出が可能となり、販路の拡大も可能となりました。

日本側の輸出風景

中国福州側の輸入風景

【受賞の理由】

 わが国ではじめてコンテナ船で精密機械・装置を運べる海上コンテナを研究開発し、運用試験も行い実用化したこと、梱包コストを削減し、環境にもやさしいこと、わが国海上コンテナ輸送の技術力を海外に広く知らしめると同時に物流生産性の向上にも寄与できること等が評価され、受賞に至りました。
 日本MH大賞は、マテリアル・ハンドリングに関る技術・理論などの更なる向上を目的とし、個人・グループ・企業の優れた研究・開発や改善・合理化を顕彰し、その業績を称え関連企業の振興を図るとともに広く普及ならびに啓発するもので、今回で24回目を迎えます。
 (株)日通総研では、今後も物流の効率化、省力化を推進する機器・装置の研究開発を積極的に行い、物流事業の発展に寄与してまいります。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
(株)日通総合研究所 ロジスティクスコンサルティング部
担当:福島・陳
TEL:03-6251-6441
(お客様)
日本通運株式会社 関東重機建設支店
担当:押山・稲垣
TEL:03-5623-3290

以上