日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  城東消防署、日通「東京中央ターミナル」で消防訓練を実施

城東消防署、日通「東京中央ターミナル」で消防訓練を実施

2014年7月2日

 当社は、東京消防庁城東消防署(江東区)からの要請で、東京中央ターミナルを建物破壊訓練に提供しました。

 同施設は、1984年からペリカン便、アロー便のメインターミナルとして運用してきましたが、事業移管などにより、2014年4月から「新東京物流センター」(仮称)への建て替えに向けて、取り壊し作業を行なっています。当社は、城東消防署から実際の施設を使用して、物流センターで火災が発生した際の実践的な救助訓練を行いたいとの要請を受け、取り壊しをする建物の有効利用と少しでも社会へ貢献できればと考え、同施設を提供しました。

 訓練は6月23日、24日に行なわれ、大型物流センターで火災が発生し、建物内に取り残された人を救助するという想定で、エンジンカッターなど大型の機器を使用してシャッターや防火ドア、コンクリート壁を破壊する実践的な訓練を行ないました。

 当社は、今後も地域社会への協力などを通じて、社会貢献活動を積極的に行なってまいります。

以上