日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  日通、ベトナムでデジタルタコグラフを用いたエコドライブプロジェクトが環境省のJCMプロジェクト設備補助事業に採択

日通、ベトナムでデジタルタコグラフを用いたエコドライブプロジェクトが環境省のJCMプロジェクト設備補助事業に採択

2014年8月05日

 当社と当社の現地法人、ベトナム日本通運株式会社(社長:長嶋敦、以下、ベトナム日通)が取り組んでいる、ベトナムにおけるエコドライブプロジェクトが、6月20日、環境省の二国間クレジット制度(JCM)(※1)を利用したプロジェクト設備補助事業に採択されました。

 環境省では、開発途上国における低炭素設備等導入事業の実施を支援することにより、低炭素技術等の導入を促進し、開発途上国における温室効果ガスの削減とともに、二国間クレジット制度(JCM)を通じたわが国の温室効果ガス排出削減に資することを目的として「JCMを利用したプロジェクト設備補助事業」を実施しています。

 今回採択された当社の取り組みは、ベトナムにおけるデジタルタコグラフを用いたエコドライブプロジェクトです。
 これは、ベトナムのホーチミン及びハノイにおいて、ベトナム日通が使用しているトラック130台にデジタルタコグラフを活用したエコドライブ啓発システムを装備し、燃料給油量、走行距離、運転行動などのデータを収集・分析する取り組みです。デジタルタコグラフにはジャイロセンサーが搭載されており、急加速、急減速、急ハンドルなどの運転行動が感知できます。
 これにより、ドライバーに対してデータを基に運転行動の改善指導が行なえ、輸送品質だけでなく、燃費効率の向上も指導することができ、年間310tのCO2削減効果があると見込まれています。

  当社はすでに、マレーシアにおいて同システムを導入済みで、2013年にはCO2を年間約6%削減、自動車事故発生件数が10分の1になるなどの成果をあげています。当社は、今後も地域の成長・発展を物流面からサポートするとともに、低炭素型のサプライチェーンの構築を目指してまいります。

※1) 二国間クレジット制度(JCM)は、途上国への温室効果ガス削減技術・製品・システム・サービス・インフラ等の普及や対策を通じ、実現した温室効果ガス排出削減・吸収への日本の貢献を定量的に評価し、日本の削減目標の達成に活用するものです。

以上